釜山港第2新港、30年までにスマート化

韓国海洋水産省は17日、2022年に着工予定の釜山港第2新港に関する具体的なビジョンを盛り込んだ報告書「港湾政策の方向と推進戦略」を発表した。「鎮海新港」と命名して船舶の接岸や荷役作業を全て自動化する計画で、30年からは「韓国型スマート港湾」として本格的な運営を開始す…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者520人、死者は13人増(10:50)

政策金利0.5%据え置き、金融緩和維持(17:36)

マクニカ、韓ミリ波レーダー企業の代理店に(21:01)

首都圏の警戒「2.5段階」、31日まで延長(14:42)

21年の日系昇給率2.5%予測 NNA調査、コロナで賃上げ慎重(01/15)

コロナ感染者524人、死者は10人増(01/15)

セルトリオンのコロナ薬、回復期間を短縮(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン