• 印刷する

銀行間のチャット送金可能に=JICA支援

国際協力機構(JICA)は16日、開発を支援したミャンマー中央銀行の電子決済システム「CBM―NET2」が同日稼働したと発表した。JICAが協力してミャンマー中銀が2016年1月に導入した「CBM―NET」の後継タイプで、現地通貨チャットでの国内銀行間の送金などが可能になった。

CBM―NET2にはまた、給与などの大量一括取引、税金や公共料金などの自動引き落としといった機能も導入された。中銀と商業銀行のシステムを直接接続することで、国内全域の銀行での手続きの効率化が見込まれるという。

JICAは声明で「CBM―NET2の導入は、同国での金融包括の実現に貢献する」と指摘。キャッシュレス社会への移行は、新型コロナウイルスとの共存に向けた問題解決策にもなるとの期待を示した。

JICAは13年からミャンマー中銀のシステム整備を支援。決済システムの運用や金融政策の策定を担う人材の育成などでも協力している。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

週明けからワクチン接種開始、22日到着(13:49)

NLD、第2次政権の主要人事リストを作成(13:27)

新型コロナの死者3000人超に=21日夜(12:49)

11月の対日輸出は45%減 衣類荷動き鈍く、出口見えず(01/22)

〔寄り道〕政府が連日発表する新型コロナウイルスの…(01/22)

20年の外国人観光客、コロナ影響で75%減(01/22)

新規のコロナ感染確認、478人=20日夜(01/22)

マンダレーの農産取引所、4カ月ぶり再開(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン