• 印刷する

テイクオフ:シドニーから車で3時間…

シドニーから車で3時間ほどのグロスターリバーを、2年ぶりにキャンプで訪れた。キャンプ場に向かう途中、数万羽は飼育されていると思われるフリーレンジ(平飼い)の養鶏場や、牛のセールヤード(家畜売り場)、黄色い菜の花が咲き乱れるカノーラ農場など、シドニーでの普段の生活では目にすることのできない風景を楽しめた。

何より嬉しかったのは、丘陵の多い広大な牧場に青々と牧草が生えていたことだ。オーストラリアは過去数年にわたり厳しい干ばつに見舞われ、昨年に近辺を走った際は牧場が茶色く見え、牛の姿も見当たらなかったほどだ。

ただ、畜産業界では今、若齢牛の価格が急騰しているためか、牛の数はまだ少ない。子牛を見るにつけ「これが1,000豪ドル(約7万6,500円)以上の価値」と思うと、農場経営の難しさと農家の忍耐に改めて感服した。(桜月)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアでも新型…(12/04)

豪10月貿易黒字、前月比28%増 鉄鉱石輸出が押し上げ(12/04)

住友商事、豪穀物子会社エメラルドを売却(12/04)

JAL、成田発メルボ着便を12月に4便運航(12/04)

川重が世界初の輸入ターミナル、豪水素向け(12/04)

第8次電力開発計画、来年1月以降に承認(12/04)

RBA総裁「国内経済危機は峠を越えた」(12/04)

豪政府の所得税減税策、税収540億$減少へ(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン