野党が会見で不正主張、選挙やり直し訴え

【ヤンゴン共同】ミャンマーの最大野党で国軍系の連邦団結発展党(USDP)は11日、総選挙で不正が横行したと主張し、結果を受け入れないと表明した。8日に投開票された総選挙は、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相が率いる与党、国民民主連盟(NLD)が圧勝する公算が…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

ワクチン接種が開始、医療従事者に(19:16)

1日の死者、4カ月ぶり一桁台=25日夜(01/27)

ミャンマーと越経済に10年の差 工業団地の整備で投資誘致に明暗(01/27)

スー・チー氏、次期政権も事実上の最高位に(01/27)

与党幹部の一部、新政権で入閣を辞退(01/27)

軍系野党議員、初国会ボイコットの懸念(01/27)

チャウピュー深海港、環境評価事業者を入札(01/27)

日本政府、コロナ対策の医療機材を供与(01/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン