国軍、少数民族との和平交渉委員会を発足

ミャンマー国軍は11日までに、少数民族武装勢力との和平交渉委員会を発足したと明らかにした。新型コロナウイルスや総選挙の影響で滞っていた武装勢力との協議を促進させる方針を示している。 8日に行われた総選挙翌日の9日、声明を発表した。和平交渉委員会はヤー・ピャエ陸将…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

北部で国軍100人死亡か、武装勢力と衝突激化(04/16)

国軍、シャン州武装勢力2団体との関係強化(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

「シリア思わせる」対応急務と国連弁務官(04/15)

7人に新たに死刑判決、国軍協力者殺害関与で(04/15)

ミャンマー進出銀行、駐在員の帰国拡大(04/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン