• 印刷する

【オセアニア在外公館便り】第15回 パース総領事館 もちもちのうどんはWA州産

日本と西オーストラリア(WA)州の関係は、鉄鉱石やLNG(液化天然ガス)に代表される豊富な天然資源が注目されますが、資源・エネルギーだけでなく、農産物もまた日本と西オーストラリア州間の経済発展に大きく貢献しています。【経済班】

日本は国家貿易制度の下、主要食糧である麦を輸入し、国内の製粉企業、加工業者に供給しています。西オーストラリア州からは、年間80万~90万トンの麺用に適した小麦を安定的に輸入しており、日本のうどんの原料で圧倒的なシェアを占めています。

■「弾力や食感で優れる」

日本で食べられるうどんの原料が西オーストラリア産であることはあまり知られていませんが、色合い、弾力性、食感等の面で大変優れており、日本国内のうどん製造に、欠くことのできない材料となっています。

西オーストラリア州は、うどん等に使用される種類の小麦の生産に適した土壌であり、その特性を活かして、日本の需要にマッチした品種開発に取り組み、顧客の用途や要望にきめ細かく対応してきました。また、うどん適性が優れた小麦品種の分別管理を行い、日本向けに特別にブレンドし輸出しています。

日本代表団と豪州関係者

日本代表団と豪州関係者

一昨年には、西オーストラリア州政府主催により、製麺用ヌードル小麦の分別管理30周年を記念した式典がパース市内にて開催されました。

西オーストラリア州で栽培されている小麦のうち、特に日本向けのうどんに適した小麦の品種について、開発から日本の研究者や製粉企業が深く関わってきたことを踏まえ、日本の関係者を中心に招待し、開催されたものです。

西オーストラリア州政府所管の穀物研究機関であるAEGIC(豪輸出穀物イノベーションセンター)は穀物のプロモーション活動の他、日本向けに輸出される小麦の品質評価試験なども行っています。

■日豪双方の技術者が協力

AEGIC小麦品質技術市場マネージャーのラリッサ博士は、製麺用ヌードル小麦のスペシャリストであり、「ヌードル博士」と呼ばれています。

「完璧なうどんは『もちもち』で口当たりがいい。もちもちとは、柔らかさとハリのバランスが取れていて、弾力性とややべたつきがある。見た目はクリーミーで明るくやや黄色で安定している」と、うどんの繊細な食感や見た目について見事に表現されています。

なお、1989年から日本の専門家がオーストラリアを訪れ、日本のうどん用に育てられた未発表の小麦品種の評価を支援するなど、日豪双方の技術者が協力し、努力を積み重ねて両国の特別な関係が続いています。

日本のうどん用小麦ではWA州産が圧倒的シェア

日本のうどん用小麦ではWA州産が圧倒的シェア

さて、パースにはうどん専門店があり、日本で食べるうどんと変わらない本格的な味を楽しむことができます。

日本へ輸出された西オーストラリア産小麦が、小麦粉になり再び当地で使用されると聞くと不思議な感じがしますが、日本の高い技術で調整されたこだわりの小麦粉で作られる自家製麺は、まさにもちもちの食感です。

ランチ時には日本人だけでなくオージーもたくさん来店しており、いつでも誰でもどこでも食べられるうどんの食文化がパースでも受け入れられているなと感じます。

このような意外と知られていない日本とオーストラリアのつながりを皆様に知っていただき、相互理解を深め、お互いの国の魅力発信に繋がっていけばと思います。(了)

<次回掲載の5月17日はケアンズ領事事務所が担当します。お楽しみに>


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

豪の訪日実証ツアー、旅行大手6社が実施へ(19:55)

石炭火電によるガス排出量、豪は世界トップ(19:55)

テイクオフ:オーストラリアには諜報…(05/23)

豪労働党、9年ぶりに政権奪回 76議席で単独政権か(05/23)

〔政治スポットライト〕無所属と緑の党、気候変動対策公約で躍進(05/23)

〔政治スポットライト〕新政権は貿易重視の対中外交を=豪財界(05/23)

豪小売業界の株価が急落、インフレが圧力に(05/23)

日米豪印、5G連携強化へ(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン