• 印刷する

国営系電子決済サービス、グラブが出資

インドネシア国営企業系のQRコード決済サービス「リンク・アジャ」を運営するフィンテック・カルヤ・ヌサンタラ(フィナルヤ)は10日、シンガポール系配車アプリ大手グラブや国営企業から計1億米ドル(約105億円)の出資を受けることで合意したと発表した。民間企業から出資を受けるのは初めて。調達資金は中小零細企業や中間所得層向けのサービス拡充に充てる。

今回の調達はシリーズBラウンド(成長段階で行う資金調達)で、通信テレコムニカシ・インドネシア(テルコム)子会社の携帯電話サービス最大手テルコムセル、バンク・ラクヤット・インドネシア(BRI)傘下の投資会社BRIフェントゥラ・インベスタマ、マンディリ銀行傘下のマンディリ・キャピタル・インドネシアの国営3社はそれぞれ追加出資した。出資額の内訳は公表していない。

グラブ・インドネシアのネネン・グナディ・マネジングディレクターは、インドネシアの金融包摂(ファイナンシャル・インクルージョン)を支援するとして、グラブが提携する電子商取引(EC)サイト運営大手トコペディアや財閥リッポー・グループ傘下の電子マネー・ポイントサービス「OVO(オボ)」と協力し、キャッシュレス化を後押しすると述べた。

フィナルヤは2019年1月、テルコムセルの子会社として設立。これまでに各銀行の投資子会社や石油プルタミナの小売り子会社プルタミナ・リテール、ジャカルタ首都圏の通勤電車を運営するクレタ・コミューター・インドネシア(KCI)など複数の国営企業が投資している。19年末時点のテルコムセルの株式保有率は26.6%。

リンク・アジャの登録者数は5,800万人、うち8割は中核都市の居住者という。新型コロナウイルスの影響で非接触型決済の普及が加速したため、7~9月の取引回数と取引額は前年同期に比べて3倍近くに増えた。

調査会社イプソスが実施したアンケート調査によると、10月にインドネシアで最も利用された電子決済サービスは、シンガポール系ECサイト大手ショッピーが展開する「ショッピーペイ」で、回答者の34%が利用した。オボは28%、配車アプリ大手ゴジェックの「ゴーペイ」が17%で、リンク・アジャは7%にとどまっていた。

グラブはリンク・アジャの運営会社に出資する(NNA撮影)

グラブはリンク・アジャの運営会社に出資する(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 自動車・二輪車食品・飲料金融IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

EUがWTOにパネル要請、ニッケル禁輸で(01/15)

デンソーとGMSが実証事業 小規模事業者向けの小口冷凍輸送(01/15)

パナソニック、グラブ車両に空気清浄機提供(01/15)

新規感染者1万1557人、2日連続で最多更新(01/15)

産業相の製造業成長率予測、専門家は疑問視(01/15)

完成車輸入、20年は25%減の10.5万台(01/15)

ワクチンで経済正常化、専門家は慎重な見方(01/15)

バリ空港の年末年始利用客数、前年比83%減(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン