SKTとソウル大、AI活用の認知症診断

韓国通信大手のSKテレコム(SKT)は2日、人工知能(AI)との10分程度の対話で認知症を診断できるアプリをソウル大学医学部と共同開発したと発表した。今月からは総合病院と認知症関連施設でプログラムを検証し、診断の精度を上げる計画だ。 同プログラムは、AIが人の声…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 医療・医薬品IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ新規感染、7日ぶりに700人超(15:43)

韓国と開発のワクチン、年内商用化の見込み(20:38)

米モデルナ、韓国に関連会社設立を検討か(17:04)

現代自の鉄道事業、独シーメンスに売却か(18:30)

LG、フィリピンに「スマートランドリー」(17:34)

テイクオフ:経済規模10位の経済大…(04/21)

廃ペットボトルを衣料品に 広がる循環経済、ラベルレス普及(04/21)

南亜科技がDRAM新工場 10ナノ級生産、1.2兆円投資(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン