SKTとソウル大、AI活用の認知症診断

韓国通信大手のSKテレコム(SKT)は2日、人工知能(AI)との10分程度の対話で認知症を診断できるアプリをソウル大学医学部と共同開発したと発表した。今月からは総合病院と認知症関連施設でプログラムを検証し、診断の精度を上げる計画だ。 同プログラムは、AIが人の声…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 医療・医薬品IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者404人、死者数は17人増(13:45)

テイクオフ:1月6日の夜から降り始…(01/20)

【揺れるサムスン】半導体王国の夢遠のく サムスントップ実刑の衝撃(上)(01/20)

コロナ感染者、2日連続で300人台(01/20)

中小の輸出横ばい、コロナ関連品が押し上げ(01/20)

20年の日本向け輸出額、全体の5%下回る(01/20)

20年12月の輸出12.6%増、2カ月連続プラス(01/20)

大手銀の退職募集相次ぐ、前年比3割増(01/20)

ICT輸出2年ぶりプラス、半導体がけん引(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン