• 印刷する

通販レッドマートなどで情報流出、計150万人

レッドマート(左2列)とイーティゴーの個人情報流出に関する顧客向けの告知(サービス利用者提供)

レッドマート(左2列)とイーティゴーの個人情報流出に関する顧客向けの告知(サービス利用者提供)

シンガポールで顧客情報の流出が相次いでいる。日本人の利用者も多い地場の食品・日用品の通販サイト「レッドマート」と、タイ系の飲食店予約サイト「イーティゴー」で計150万人分の個人情報が流出し、ネット上で売り出されていた。

情報セキュリティー関連のサイト、米ブリーピングコンピューターが10月28日、ハッカー向けのサイトでレッドマートとイーティゴーを含む17社の個人情報が売り出されたのを確認した。同社によると、レッドマートから110万人分の顧客情報が漏えいした。

イーティゴーからは280万人分が流出。シンガポール地元紙の報道によれば、同国の顧客情報は、最大で40万人分が外部に漏れたとみられる。

レッドマートの親会社で、東南アジアで電子商取引(EC)事業を展開するシンガポールのラザダ・グループは同月30日、情報の流出を公表。レッドマートの古いウェブサイトまたはアプリを利用していた顧客の氏名、電話番号、メールアドレス、請求先住所、暗号化されたパスワード、クレジットカード番号の一部などが流出したと説明した。

ラザダによると、流出したデータベースの最終更新は2019年3月で、18カ月以上前のデータ。ラザダの顧客や、レッドマートの現在の顧客情報は流出していないという。

イーティゴーも10月31日、顧客向けのメールでデータ流出を公表。ブリーピングコンピューターによると、氏名、電話番号、メールアドレス、暗号化されたパスワード、性別、フェイスブックIDなどが流出していた。

レッドマート、イーティゴーは、シンガポールの個人情報保護委員会(PDPC)に今回の事態を報告済みという。


関連国・地域: タイシンガポール
関連業種: IT・通信小売り・卸売りサービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【年始インタビュー】新規進出の回復には時間も 国内での事業機会見直しを(01/15)

新規感染45人、市中は1人(14日)(01/15)

新規感染30人、市中は1人(15日)(01/15)

ノジマが繁華街で商業施設運営、海外で初(01/15)

12月の民間住宅販売、前年同月比2倍(01/15)

環境庁、無人道路清掃車の試験運用開始(01/15)

通信TPG、大容量データの格安プラン提供(01/15)

海事庁、船舶作業員のコロナ対策強化(01/15)

【年始インタビュー】世界経済フォーラムで需要回復 東南アのホスピタリティー業界(01/15)

パナが現地企業と提携、東南アのEC強化へ(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン