• 印刷する

《日系進出》エイベックスとサンリオが新会社

音楽大手のエイベックス(東京都港区)は、キャラクター大手サンリオ(東京都品川区)と提携し、東南アジアでキャラクター事業を展開する。シンガポールの完全子会社エイベックス・アジアとサンリオが同国に合弁会社を設立。サンリオのキャラクターを活用したライセンス事業を手掛ける。

合弁会社の名称はサンリオ・サウスイースト・アジア。出資比率はサンリオが7割、エイベックス・アジアが3割となる。資本金は200万米ドル(約2億900万円)。11月2日に設立し、来年1月に営業を開始する予定だ。

サンリオが保有、新規開発するキャラクターを活用したライセンス事業を東南アジアで展開する。対象国はシンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、マレーシア、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ブルネイとなっている。

サンリオは、海外事業の中でもアジア地域のライセンス事業強化を目指し、特に成長著しい東南アジア地域で営業強化を進めている。エイベックス・アジアは、アジアでの日本コンテンツの輸出拡大に向けて、音楽や映像など自社保有分を含む多様な知的財産を活用してイベント開催、グッズ販売といったライセンス事業を展開している。

新合弁会社では、サンリオとエイベックス・アジアが持つ事業ノウハウを相互に活用し、サンリオのキャラクター事業を拡大。将来的にはエイベックスが保有する知的財産とサンリオのキャラクターのコラボも検討する。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 小売り・卸売りサービスメディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オフィス近くの広場で夕…(03/08)

【識者の見方】環境政策に本腰、21年度予算案 政府方針に大きな変化なし(03/08)

1月小売売上高、前年旧正月の反動で低下(03/08)

家族ビザ保有者の就労規制、新興企業が懸念(03/08)

就労ビザの申請資格剝奪、雇用差別で年50社(03/08)

医療従事者の給与、最大14%引き上げ(03/08)

国営電力テナガ、越の太陽光発電に参入(03/08)

20年の輸入差し止め26%増、コロナで通販(03/08)

低所得層の医療費補助、来年にも拡大(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン