• 印刷する

《日系進出》エイベックスとサンリオが新会社

音楽大手のエイベックス(東京都港区)は、キャラクター大手サンリオ(東京都品川区)と提携し、東南アジアでキャラクター事業を展開する。シンガポールの完全子会社エイベックス・アジアとサンリオが同国に合弁会社を設立。サンリオのキャラクターを活用したライセンス事業を手掛ける。

合弁会社の名称はサンリオ・サウスイースト・アジア。出資比率はサンリオが7割、エイベックス・アジアが3割となる。資本金は200万米ドル(約2億900万円)。11月2日に設立し、来年1月に営業を開始する予定だ。

サンリオが保有、新規開発するキャラクターを活用したライセンス事業を東南アジアで展開する。対象国はシンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア、フィリピン、マレーシア、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ブルネイとなっている。

サンリオは、海外事業の中でもアジア地域のライセンス事業強化を目指し、特に成長著しい東南アジア地域で営業強化を進めている。エイベックス・アジアは、アジアでの日本コンテンツの輸出拡大に向けて、音楽や映像など自社保有分を含む多様な知的財産を活用してイベント開催、グッズ販売といったライセンス事業を展開している。

新合弁会社では、サンリオとエイベックス・アジアが持つ事業ノウハウを相互に活用し、サンリオのキャラクター事業を拡大。将来的にはエイベックスが保有する知的財産とサンリオのキャラクターのコラボも検討する。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 小売り・卸売りサービスメディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】医療業務のデジタル化需要狙う ユビー、ポストコロナ見据え(15:01)

11月のPMI、好況水準維持も指数低下(15:23)

ディープテック企業への投資、政府が拡大へ(15:21)

10月の小売業売上高、マイナス圏もやや回復(15:16)

デジタル銀免許、グラブ連合など4者に付与(15:08)

国際連結性指数、世界2位を維持(12/04)

新規感染3人、市中はゼロ(4日)(12/04)

ベトナムへの投資支援加速 UOB銀行、11億ドル誘致へ(12/04)

電材HD、現地クレーン大手を買収(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン