21年度予算、12月中旬に大統領署名へ

フィリピンのソット上院議長は28日、下院から送付された2021年度の政府予算案について、11月中に上院で承認され、12月中旬までにドゥテルテ大統領の署名が可能になるとの見通しを示した。計画通りにいけば、現行予算の失効まで2週間を残して来年度予算が成立する。マニラスタンダ…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

10月の失業率8.7%、一段と改善(11:23)

テイクオフ:野焼きでも始まったのか…(12/03)

セメント大手、業績回復 7~9月、建設工事再開が後押し(12/03)

コロナ感染新たに1438人、計43万4357人(12/03)

三菱パワー、地熱発電所の設備改修を受注(12/03)

アヤラ系と丸紅系の合弁、株主が合意(12/03)

ロペス財閥系持ち株、自主的に上場廃止(12/03)

サンミゲル、識別タグ搭載に猶予期間要請(12/03)

ルフトハンザ、格納庫の拡張再開(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン