不動産開発大手、スマート都市の革新ラボ

シンガポール政府系不動産開発会社キャピタランドは28日、スマートシティー関連のソリューションを開発する施設「スマート都市共同イノベーション(技術革新)ラボ」を始動した。賛同企業と共に最大1,000万Sドル(約7億6,600万円)を拠出し、東南アジアのスマートシティー開発…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地では、スーパーなど…(11/25)

テイクオフ:新型コロナ感染症の流行…(11/25)

来年1~3月期に出荷開始 国内発のコロナワクチン(上)(11/25)

環境融資の利用に助成制度、世界初(11/25)

PLN、グラブ・車メーカー3社とEV促進(11/25)

住宅ローン返済、3割が困難=OCBC調査(11/25)

不動産メープルツリー、福岡の倉庫用地取得(11/25)

トラベルバブルの需要旺盛だった、キャセイ(11/25)

米キーサイト、南洋理工大と「V2X」で提携(11/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン