天然ガスの電源利用拡大、税制が障壁に

インド政府が目指す電源構成(エネルギーミックス)に占める天然ガスの割合を拡大する場合、税制度が障壁となる可能性が出てきた。天然ガスは現在、全国共通の物品・サービス税(GST)ではなく、各州が異なる税率で付加価値税(VAT)を課している。ビジネス・スタンダード(…

関連国・地域: インド
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

配車オラ、オーストラリア事業の継続を表明(20:15)

テイクオフ:映画好きのインド人の間…(12/02)

有望国、越が7年連続首位 中国も人気根強く=中小企業調査(12/02)

【月次リポート】自動車ニュース(11月) 中国、25年に新エネ車20%目標に(12/02)

封鎖解除から半年 コロナ禍の歩み、日系に聞く(12/02)

11月乗用車販売、現代など5社がプラス成長(12/02)

ジェットエア、来年夏に運航再開の可能性(12/02)

タタサンズ、エアアジアへの出資拡大を計画(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン