祭事期のEC取引額3割増へ コロナで弾み、65億ドルの予測

インドの祭事期(例年10~12月)商戦がオンラインで盛り上がっている。消費が最も活発化する灯明祭(ディワリ、今年は11月14日)までの1カ月間の電子商取引(EC)各社の取引額は、前年同期比34%増の65億米ドル(約6,810億円)に達する見通しだ。新型コロナウイルス感染症の流行…

関連国・地域: インド
関連業種: IT・通信小売り・卸売り社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

新幹線方式の高速鉄道、開業は最短で24年か(11/27)

7~9月GDP7.5%減、景気後退局面入り(11/30)

航空業界の苦境続く エアアジア深刻、運航制限が重し(11/27)

BS4適合車、最高裁が登録容認=販売店連合(11/27)

MGモーター、政府のEV走行実験に参加(11/27)

中国製電子機器の品質検査強化、輸入に遅れ(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン