• 印刷する

日本の環境目標、豪水素・LNG輸出を押上げ

菅義偉首相が掲げた2050年までに日本の温室効果ガス排出量を実質ゼロにするとの目標は、オーストラリアで再生可能エネルギーなどを利用して生産する水素や、カーボンニュートラル(炭素中立)で生産する液化天然ガス(LNG)の日本向け輸出を押し上げそうだ。またオーストラリアでエネルギー事業を行う、国際石油開発帝石(INPEX)などに恩恵がもたらされるもようだ。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが報じた。

オーストラリアの石油大手サントスのケビン・ギャラガー最高経営責任者(CEO)は、日本の目標がオーストラリアの水素事業やLNG事業にイノベーションをもたらすと述べた。

英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェルは昨年、オーストラリアのLNG業界で初めて、オペレーターを務めるクイーンズランド・カーティスLNGプロジェクト(QCLNG)から炭素中立LNGを日本に輸出。また、フランスのエネルギー大手トタルは10月に入り、INPEXがオペレーターを務めるイクシスLNGプロジェクトから、同国からは2隻目となる炭素中立LNGを中国に出荷した。

■香港企のWA水素事業に認可

サントスや地場石油大手ウッドサイドは、炭素中立のLNG生産に向けて投資しているほか、再生可能エネルギーを利用した水素生産事業にも参入している。

一方、西オーストラリア(WA)州政府は10月に入り、香港の再生可能エネルギー会社インターコンチネンタル・エナジーなどが参画するコンソーシアムに対し、同州ピルバラで風力・太陽光発電と水素やアンモニアを生産する事業「アジア再生可能エネルギー・ハブ(AREH)」について環境認可を与えた。

同事業ではほかに、香港のCWPエナジー・アジアとデンマークの風力タービン大手ヴェスタスがコンソーシアムに参加している。同コンソーシアムは、25年に最終投資決定を行い、26年から本格的に工事を始める予定だ。


関連国・地域: 香港オーストラリア日本欧州
関連業種: 自動車・二輪車化学天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

配車オラ、オーストラリア事業の継続を表明(20:15)

豪輸出品への中国の発注半減、今後も悪化か(17:00)

豪住宅価格が上昇基調に、2月に過去最高も(17:01)

テイクオフ:毎朝露店で買うリンゴに…(12/02)

WA州、8日に州境開放 SA州以外全州に(12/02)

労使制度改革、FWCの審査期間を制限へ(12/02)

豪産ワインに212%!中国が反ダンピング課税(12/02)

〔政治スポットライト〕豪中関係最悪に、偽造写真で中国態度緩めず(12/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン