• 印刷する

BYD、群馬にEVフォークリフトの直営店

新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(広東省深セン市、BYD)の日本法人、ビーワイディージャパン(横浜市)は26日、群馬県館林市で来月6日に電動式フォークリフト(EVフォークリフト)の直営店の営業を開始すると発表した。BYDが日本にEVフォークリフトの直営店を設けるのは初めて。

ビーワイディージャパンは直営店設立の理由について「日本市場においても、コストと環境にやさしいEVフォークリフトを提供し、企業のエネルギー効率化と環境改善に寄与するため」と説明した。

直営店を運営する販売会社ビーワイディーフォークリフトジャパンは、ビーワイディージャパンのグループ会社、タテバヤシモールディング(館林市)が7月に設けた。フォークリフトの輸入販売およびリース、レンタル業務などを手掛ける。当面はBYDが中国で生産したフォークリフトを輸入販売するという。

BYDは2012年に世界で初めてリン酸鉄リチウムイオン電池搭載のフォークリフトを発表。昨年の世界新車販売台数は1万6,000台以上を数えた。日本では2年内に1,000台の販売を目指すとしている。


関連国・地域: 中国-深セン日本
関連業種: 自動車・二輪車電機その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

義隆電子がMCU値上げ、来年1月から(13:15)

脱貧困で「重大な勝利」、習総書記が宣言(12:17)

首都ーバンビエン高速道、年内には開通へ(12/04)

【6000号特集】感染発覚から1年 コロナ禍、写真とともに振り返る(12/04)

【6000号特集】往来で相互理解深まる 上海日本商工クラブ・石原至理事長(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

【6000号特集】コロナ禍からの回復進む中国経済 みずほ銀行・細川美穂子主任研究員(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン