ベンチャーの資金調達増加、コロナ沈静化で

台湾のベンチャー企業の資金調達が下半期(7~12月)に入り増加している。新型コロナウイルス感染症による世界経済の停滞が緩和に向かっていることで、投資家が出資を再開しているようだ。工商時報が伝えた。 人工知能(AI)によるビッグデータ解析を手掛ける威朋大数拠(Vp…

関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:曲線的なデザインが特徴…(12/08)

11月輸出額、過去最高を更新 半導体など好調で、5カ月連続(12/08)

鴻海とステランティス、車載半導体で提携(12/08)

TSMC創業者、インテルの批判に見解(12/08)

元太科技、竹科で新工場の建設開始(12/08)

台湾のエネ政策見直し提唱、鴻海創業者(12/08)

パネル2社、22年までの市況を楽観(12/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン