• 印刷する

テイクオフ:写真仲間と一緒に空港へ…

写真仲間と一緒に空港へ航空機の撮影に出掛けた。鳥のように不規則な動きがない分、機体をファインダー内に抑えるのは容易だが、同じような構図のマンネリ化した写真になってしまうのが、航空写真の難しいところだ。

新型コロナウイルスの流行で航空便の運航が減っているため多くは撮れないと思っていたが、10~15分間隔で次々と飛んでくる航空機の多さに驚いた。航空各社が国内線を相次いで増便していると聞いていたが、そのためなのだろう。

残念なのは、新型コロナ流行で国際線の運航がほとんど停止しているため、海外の航空会社の機材が見られないことだ。日本と韓国がビジネス目的での往来再開で合意したが、航空便の運航再開にはまだまだ時間がかかるとみられる。一日も早く、世界の多様な航空機を見られる世界に戻ってほしいと願うばかりである。(岳)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ア太平洋からの誘致増に活路 後発3カ国、RCEPで開放前進(12/01)

テイクオフ:韓国でついに運転免許を…(12/01)

LGが系列5社分離で新会社 来年5月、経営権の継承完了へ(12/01)

コロナ感染者、2日連続で400人台(12/01)

マヒンドラ傘下の双竜、出資協議が難航(12/01)

斗山ビナ、ジェマリンク港にクレーン納入(12/01)

中小の週52時間制、年末で猶予期間終了(12/01)

AI国家戦略から1年、政府が成果アピール(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン