トリニタンがニッケル製錬 日系と合弁、低品位鉱も加工

インドネシアのエネルギー系複合企業トリニタン・グループはニッケル精錬事業に乗り出す。日系企業と合弁会社を設立し、ニッケル鉱山が集中するスラウェシ島で製錬所を建設する。国内で初めて低品位のニッケル鉱石を製錬できる独自技術を使い、主に電気自動車(EV)用リチウムイ…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車電機建設・不動産天然資源


その他記事

すべての文頭を開く

ワクチンのコールドチェーン、97%完成(16:49)

東京ガスが総額100億円出資 地場精製2社に、過去最大規模(11/27)

テイクオフ:菅義偉首相が10月に初…(11/27)

韓国CJグループ、年内にアミノ酸を生産(11/27)

ユニ・チャーム、生理用品の生産増強へ(11/27)

金融部門のオムニバス法、13本の法律改正(11/27)

石炭協会、来年は中国に15億ドル相当を輸出(11/27)

グラブ、バリでホンダの電動バイク運用(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン