国内鉄鋼産業の稼働率、40~50%まで回復

インドネシアの国営製鉄クラカタウ・スチールによると、第3四半期(7~9月)の国内鉄鋼産業の工場稼働率は40~50%まで回復した。新型コロナウイルスの影響を受け、第2四半期(4~6月)には20~30%の低水準にとどまっていた。23日付インベストール・デーリーなどが伝えた。…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅近くの商業施設にあ…(12/01)

【加速するスマートシティー(2)】首都圏中心に開発進む インドネシア、新興企業と提携も(12/01)

パーム油価格は来年も高水準 業界予測、土地問題解決にも期待(12/01)

西ジャワ州5地域の行動制限、23日まで延長(12/01)

OSセルナジャヤ、ジャカルタ事務所を移転(12/01)

ワクチンと関連品の輸入に免税措置(12/01)

医療用マスクの輸入価格、5カ月で80%下落(12/01)

グラブ、SNSなどで二酸化炭素削減を推進(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン