キャピタルゲイン税、22年1月に導入延期

カンボジア租税総局(GDT)は、来年1月に予定していた資産売却益(キャピタルゲイン)税の導入を2022年1月1日に延期すると発表した。納税者が同税納付に関する規則を把握するためには、十分な期間が必要と判断したと説明している。クメール・タイムズ(電子版)が23日に伝え…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

イオンモールが再開、3千人以上検査で陰性(12/04)

テイクオフ:インドシナ戦争を追った…(12/04)

市中感染2人増加、累計331人に(12/04)

ごみ収集業者を変更、首都で来年2月から(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

小売・観光業などに影響、市中感染発生で(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン