• 印刷する

マンダレー線の鉄道車両、日本から到着

川崎汽船は23日、ミャンマーの2大都市のヤンゴンとマンダレーを結ぶ幹線鉄道に使われる日本製の新車両6両を、グループ会社を通じてヤンゴン近郊のティラワ港に海上輸送したと発表した。ヤンゴン―マンダレー鉄道は、日本の政府開発援助(ODA)で改修が進められている。

川崎汽船の関係会社であるケイラインロジスティックス(東京都中央区)が、ミャンマー国鉄向けの新車鉄道車両の調達を受注した日系元請け企業から輸送業務を受託し、9月5日にティラワ港で陸揚げした。

日本政府が支援する「ヤンゴン―マンダレー鉄道整備計画(フェーズ1)」では、日本から全24両をミャンマーに輸出する予定。9月に陸揚げされた6両は、その第1便となる。川崎汽船によれば、残る18車両もケイラインロジスティックスが輸送を担当する予定だが、具体的な日程は決まっていないという。

日本から到着した鉄道車両のクレーンによる荷役作業(川崎汽船提供)

日本から到着した鉄道車両のクレーンによる荷役作業(川崎汽船提供)


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 運輸政治

その他記事

すべての文頭を開く

チェンライで市中感染、帰国者と接触(4日)(16:22)

戦闘地域の選挙実施は試金石、和平で笹川氏(14:47)

コロナ死者、累計で2千人超え=3日夜(13:44)

ヤンゴン、外出自粛措置の緩和を検討(12:54)

工業製品の輸出が5割減 10~11月、コロナ禍が深刻化(12/04)

過去17日間、1千人超える感染=2日夜(12/04)

コーヒー輸出が半減見通し、コロナ影響で(12/04)

汚職防止委員長の辞職、理由は高齢(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン