百度、香港上場計画が再浮上

米ナスダックに上場しているインターネット中国検索最大手、百度(北京市、バイドゥ)が、年末までに香港へのセカンダリー上場(第2上場先としての上場)を計画しているとの観測が再浮上している。ネットメディアの澎湃新聞、北京商報が伝えた。 今年1月に百度が香港上場に向け…

関連国・地域: 中国-北京香港米国
関連業種: 金融IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

ア太平洋からの誘致増に活路 後発3カ国、RCEPで開放前進(12/01)

国内初の石油精製工場、今月30日に稼働予定(12/01)

テイクオフ:シェアリングエコノミー…(12/01)

【ラオス経済通信】中国とのインフラ整備が前進 第155回(12/01)

11月の製造業PMIは52.1 3年ぶり高水準、需給両面で上昇(12/01)

来年の粗鋼生産11億トン、業界予測(12/01)

対中紛争反撃開始、WTO提訴へ=豪政府(12/01)

往来再開「経済後押し」、王毅氏(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン