• 印刷する

世界年金指数ランク、39カ国・地域中19位

米コンサルティング大手マーサーが20日発表した世界主要国・地域の年金制度の評価リポート「2020年グローバル年金指数ランキング」で、マレーシアは対象39カ国・地域中19位だった。アジアではシンガポール、香港に次ぎ3位にランクされた。国営ベルナマ通信が20日伝えた。

昨年は37カ国中16位だった。マレーシアの今年の総合指数は60.1で、前年の60.6から低下したが、全体平均の59.7を上回った。マーサーは、マレーシアの総合指数は、最貧困層の高齢者への支援を底上げし、世帯の貯蓄を増やし負債を減らすことで、さらなる改善が見込めると指摘している。マレーシアの年金制度は「目立ったリスク・欠陥があり、改善しなければ長期の持続には問題がある」とされる「C+」の評価だった。

総合指数は、◇退職後の収入の高さを評価する「十分性」◇年金制度が将来にわたり長期的に維持可能かどうかを示す「持続性」◇私的年金が健全に運営されるための監督規制、ガバナンス、情報開示などを示す「健全性」――の3つを基準に、各国の制度を100点満点で評価した。

マレーシアは十分性が50.1と全体平均(60.9)を下回り31位だったものの、持続性は58.6と全体平均(50.0)を上回って13位、健全性は78.0と全体平均(71.3)を上回って18位だった。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:乗り心地重視で、自転車…(12/03)

条件付き制限令解除まで4日 新型コロナ拡大、首都圏は延長か(12/03)

ジェットスター、東南アジア路線を増便(12/03)

新規感染851人、6日ぶり3桁に(12/03)

外国人労働者寮の衛生状態、業界で格差(12/03)

RM1=25.7円、$1=4.08RM(2日)(12/03)

マハティール氏、2月政変の原因は現上級相(12/03)

業務中断なしでの検査に雇用主ら苦慮(12/03)

21年に取得予定の雇用パス、申請受付開始(12/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン