• 印刷する

テイクオフ:コロナ禍でオンライン形…

コロナ禍でオンライン形式に変化したものの一つが音楽関連のイベントだ。新型コロナウイルスの流行拡大で、多くが中止になったが、オンラインに場所を変更して開催されるものも少なくない。

無料イベントもあるが、有料でも1回につき安ければ5万ルピア(約360円)から。2日間連続で20万ルピアのイベントもあり選択肢は幅広い。生演奏の方がもちろん臨場感があるのだが、ライブ会場に行くよりも安いので財布には優しい。

オンラインのイベントでは、視聴者が書き残していくコメントを見ることも楽しみの一つ。参加者の数は、対面式のイベントと遜色ない。コロナ禍で多くのアーティストが苦境に立たされており、少しでも彼らの活動を支えられればと願いながら、余暇を過ごしている。ただし安いからと回を重ねれば、当然だが気付かぬうちに出費が増えている。(ア)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

副大統領、土地銀行の早期設立の重要性強調(12/04)

閣僚訪日、政財界に新政府ファンド支援要請(12/04)

中銀、低金利維持で融資成長率9%目指す(12/04)

石油・ガス鉱区の権益放出も 国営石油、86カ所の投資誘致(12/04)

バイオ燃料義務化に課題、政策見直しの声も(12/04)

投資家保護強化のOJK令、月内公布へ(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

21年の成長予測を4%に引き下げ=OECD(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン