• 印刷する

テイクオフ:新型コロナウイルス感染…

新型コロナウイルス感染症の拡大で、国外移動も困難だ。感染者数は高位安定、外国人の入国を禁止している国も多い。入国できても14日間は身動きがとれないとなると、これまでのような「ちょっと週末にお買い物」感覚で渡航することは当然かなわない。

そこで一つ問題が発生した。これまで滞在してきた国に残してきた銀行口座だ。東南アジア間の横移動が多い身なので資産を分散化して、というと聞こえはいいが、なんやかんやあって残してきたものだ。これまでもこれらの国に行ったときに重宝している。

ところが久しく口座を「動かしていない」ため、凍結されるのではないか、と気を利かせて知人が忠告してくれた。慌ててジャカルタにある銀行のATMを巡り、対応を急ぐ。中には現地対応が必要なところもあった。こんなところでコロナに振り回されるとは。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 金融社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

石油・ガス鉱区の権益放出も 国営石油、86カ所の投資誘致(12/04)

バイオ燃料義務化に課題、政策見直しの声も(12/04)

投資家保護強化のOJK令、月内公布へ(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

21年の成長予測を4%に引き下げ=OECD(12/04)

隣国同業を「買収する側」=配車グラブ幹部(12/04)

合成洗剤原料の製造社、23年までに生産増強(12/04)

きょうから二輪車展示会、8ブランドが出展(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン