バンビエンのSEZ、事業化調査完了

中国系ラオ・バンビエン・ニュー・エリア・デベロップメント・カンパニーは、ラオス・ビエンチャン県の観光地バンビエンに経済特区(SEZ)を開発する計画で、事業化調査と環境・社会影響評価(ESIA)を完了したと発表した。ラオス・タイムズ(電子版)が19日伝えた。 バン…

関連国・地域: 中国ラオス
関連業種: 建設・不動産観光


その他記事

すべての文頭を開く

国内初の石油精製工場、今月30日に稼働予定(12/01)

ア太平洋からの誘致増に活路 後発3カ国、RCEPで開放前進(12/01)

【ラオス経済通信】中国とのインフラ整備が前進 第155回(12/01)

首都の一部商業施設、レジ袋を配布中止へ(11/26)

新型コロナ、新たに14人感染で累計39人(11/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン