中経院が20年GDPを上方修正、1.76%成長

台湾の大手民間シンクタンク、中華経済研究院(中経院)は20日、台湾の2020年の実質域内総生産(GDP)成長率が前年比1.76%になるとの予測を示した。7月時点の予測値(1.33%)から0.43ポイントの上方修正。域内外の需要回復が下半期(7~12月)の経済成長に寄与すると見通し…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

大聯大、21年の半導体市場を楽観視(20:28)

新型コロナ感染者、679人に(20:10)

テイクオフ:豆腐という言葉にめっぽ…(12/01)

環球晶がドイツ同業を買収へ 37.5億ユーロ、シェアが日本迫る(12/01)

電子工業の生産額、1~9月は過去最高に(12/01)

封止・検査の菱生、21年上期まで受注好調(12/01)

米半導体商社が規制対象か、台湾系に恩恵も(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン