• 印刷する

テイクオフ:「フィリピンで誇れる土…

「フィリピンで誇れる土産は何か」と聞かれると、ドライマンゴーやバナナチップスではなく、まずチョコレートを推している。国内産カカオの約8割を占める南部ダバオ地域では近年、高品質な原料生産が盛んだ。栽培から製造までの全工程を自社で一貫して行う「ビーン・トゥ・バー」の認知は世界的にも高まっている。

フィリピン産チョコ人気の火付け役的存在の「マラゴス」のほか、最高級カカオを使用した「オーロ」が有名だ。イラストに骨抜きにされて、ついパケ買いしてしまう「テオアンドフィロ」は、かんきつ類のカラマンシーやグリーンマンゴーなどユニークな味もそろう。

先月には「食のオスカー」とも呼ばれる英国の食品国際コンテストで、今月は台湾で開催されたチョコレートの世界品評会で、国内ブランドが複数の賞を獲得した。この勢いで日本でも人気が広がればうれしい。(堀)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:緊張から声が震えていた…(05/10)

国の成長に貢献、インフラ鍵に MUFGの東南アジア戦略(3)(05/10)

入国後の隔離厳格化 施設で10日間、感染防止へ(05/10)

ミ島のサンボアンガ市、外出制限厳格化(05/10)

新型コロナ、新たに7174人感染(05/10)

石炭事業への融資停止検討、アジア開銀(05/10)

コロナワクチン到着、新たに350万回分(05/10)

高齢者の外出許可、国民ID登録目的で(05/10)

ワクチン調達に900億ペソ必要、22年度(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン