設備投資促進策、経済の広範囲に恩恵か

オーストラリア連邦政府が2020/21年度予算案の中で発表した設備投資促進策について、投資銀行マッコーリーはこのほど、廃棄物処理やインフラ、小売り、電力業界などを中心に、広範囲にわたり経済に利益がもたらされるとの分析を明らかにした。最も恩恵を受ける企業としては、送電…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 電力・ガス・水道小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアでも新型…(12/04)

豪10月貿易黒字、前月比28%増 鉄鉱石輸出が押し上げ(12/04)

住友商事、豪穀物子会社エメラルドを売却(12/04)

JAL、成田発メルボ着便を12月に4便運航(12/04)

川重が世界初の輸入ターミナル、豪水素向け(12/04)

第8次電力開発計画、来年1月以降に承認(12/04)

RBA総裁「国内経済危機は峠を越えた」(12/04)

豪政府の所得税減税策、税収540億$減少へ(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン