• 印刷する

ANA、成田―青島・広州線の運航継続

全日本空輸(ANA)は19日、成田―青島・広州線の運航を11月末まで継続すると発表した。

ANAは先月、新型コロナウイルスの影響で運航を停止していた両線を再開すると発表。9月30日から水曜の週1便で運航を再開した。この時に決まったのは10月24日までの夏ダイヤ期間の運航で、同月25日以降の冬ダイヤ期間の運航については未定だった。

今回決まったのは10月25日から11月30日までの運航。12月以降については、新型コロナの影響による各国・地域の出入国規制や検疫体制の状況、母国への帰省や海外への赴任などの需要動向を見極めながら柔軟に検討するとしている。


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 医療・医薬品運輸

その他記事

すべての文頭を開く

使い捨てプラ製品使用報告、年内に制度開始(18:28)

新型コロナ感染12人、国内症例は4人(18:09)

国内初の石油精製工場、今月30日に稼働予定(12/01)

ア太平洋からの誘致増に活路 後発3カ国、RCEPで開放前進(12/01)

テイクオフ:シェアリングエコノミー…(12/01)

11月の製造業PMIは52.1 3年ぶり高水準、需給両面で上昇(12/01)

【ラオス経済通信】中国とのインフラ整備が前進 第155回(12/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン