• 印刷する

観光局、日韓とのトラベルバブル合意に期待

香港政府観光局(HKTB)の程鼎一(デーン・チェン)総幹事(事務局長)はこのほど、香港政府とシンガポール政府が両地域の住民を対象に新型コロナウイルスの水際対策として実施している隔離期間を相互に免除する「エア・トラベル・バブル」協定に原則合意したことについて、「うまくいけば日本や韓国などとの合意に結び付く」との認識を示した。19日付明報などが伝えた。

程氏は香港とシンガポールのトラベル・バブルが成功事例となれば、他国・地域とも合意しやすくなると指摘。中国本土やマカオなど近隣地域以外に、日本や韓国、オーストラリア、ニュージーランドなどとも合意できる可能性があるとの見方を示した。

程氏はまた、ソーシャルメディアを通じてシンガポールに住む人を対象に香港のPRを始めたことも明らかにした。観光需要の喚起に向け、香港行きの航空券代や宿泊費などを優遇するキャンペーンの実施も検討している。


関連国・地域: 香港韓国シンガポール日本
関連業種: 医療・医薬品観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

非住宅物件の増税措置を撤廃 施政報告で表明、26日から(11/27)

ジェトロ、日本産酒類の香港販売を支援(11/27)

インフラ整備、毎年1千億ドル超を支出(11/27)

本年度経常支出4866億HKドル、過去最高に(11/27)

河套ハイテクパーク1期ビル、24年にも完成(11/27)

50年までに脱炭素実現、来年半ばに行動計画(11/27)

香港との通貨スワップ、規模拡大で5年延長(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン