太陽電池の保利協キン、四川に新工場

太陽光発電設備を手掛ける香港の保利協キン能源(キン=金3つ)は18日、四川省楽山市でシリコン粒子の新工場を着工した。年産能力は10万トン。楽山日報などが伝えた。 生産するシリコン粒子は主に、単結晶シリコンのラミネート加工や多結晶シリコンインゴットに使用される。 同…

関連国・地域: 中国-四川香港
関連業種: その他製造建設・不動産IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

首都ーバンビエン高速道、年内には開通へ(12/04)

【6000号特集】感染発覚から1年 コロナ禍、写真とともに振り返る(12/04)

【6000号特集】往来で相互理解深まる 上海日本商工クラブ・石原至理事長(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

【6000号特集】コロナ禍からの回復進む中国経済 みずほ銀行・細川美穂子主任研究員(12/04)

パネルや受動部品各社、春節も工場稼働(12/04)

第8次電力開発計画、来年1月以降に承認(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン