• 印刷する

テイクオフ:仕事柄、写真をよく撮る…

仕事柄、写真をよく撮るが、台湾はやりやすい。例えば企業の本部、工場を撮っても中国のように追っ払われることはないし、人を撮る際にも台湾ではフレンドリーに対応してくれることが多い。非常にありがたいが、ただ台湾の経済、ビジネスをイメージする写真を撮ろうとなると、やや頭を悩ます。

中国なら、上海市の黄浦江沿いに望む超高層ビル群の陸家嘴。香港は尖沙咀から対岸に位置する香港島・中環(セントラル)のビジネス街。その地を象徴する経済のイメージ写真の構図がぱっと頭に浮かぶが、台湾では同様の写真がなかなか思いつかない。

台北101は写真構図としてアリだが、そばから撮るのは少し弱い。しいて言えば、よくみる絵葉書と同じように南側の山から撮るのが良さそうだが、ビジネス街という感じは余りない。しっくりとくる構図探しは今後も続く。(崇)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

雄獅がサラダ専門店、5年で売上高10億元(12:33)

新型コロナ感染者、543人に(15:26)

テイクオフ:週末に自宅近くのコスト…(10/20)

7割が中国に追加投資せず 工総の企業調査、コロナが打撃(10/20)

中国での資産譲渡に新規制、回帰投資阻害か(10/20)

鴻海と和碩、iPhone生産要員確保で奨励金(10/20)

台湾PCBの20年資本的支出、1千億元超へ(10/20)

台湾のサーバー出荷比率、下期に9割回復へ(10/20)

元太科技、「今年は最も大きな成長遂げる」(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン