• 印刷する

日本の街並み模した商店街が閉鎖、仏山市

香港メディアなどによると、広東省仏山市で9月にオープンした「一番街」と呼ばれる日本の街並みを模した商店街が閉鎖された。10月に入ってから閉鎖されたようで、街並みを構成する展示物の著作権などが問題視されたとも伝えられている。

商店街は入り口に「一番街」の文字を掲げ、新宿の歌舞伎町など日本の繁華街を連想させるつくりとなっていた。新型コロナウイルスの影響で海外旅行が難しいこともあり、オープン当初から話題を集め、若者を中心に大勢の中国人が足を運んだ。

日本のアニメ「頭文字(イニシャル)D」に出てくる「藤原とうふ店」そっくりの店や中国でも人気の「名探偵コナン」に登場する「毛利探偵事務所」の看板などもあり、日本文化を取り込んだつくりとなっていたが、著作権上問題ではないかと指摘されていた。


関連国・地域: 中国-広東日本
関連業種: 医療・医薬品観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「そろそろ日本への出張…(11/30)

コロナ警戒レベルを一部強化 感染急増で、高リスク施設を閉鎖(11/30)

日中のビジネス往来きょう再開 日本からの短期入国、隔離免除(11/30)

鴻海、来年iPadなどをベトナムでも生産か(11/30)

豪州産ワイン、AD措置を仮決定(11/30)

香港取引所、上場利益基準の引き上げ検討(11/30)

工業企業利益、1~10月は0.7%のプラス(11/30)

ワクチンのコールドチェーン、97%完成(11/30)

人民元安で相殺関税、米国に再度反発(11/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン