首都中心部の小売業、反政府デモの拡大懸念

タイの首都バンコク中心部のラチャプラソン交差点周辺では、同地区に出店する商業施設などから、反政府デモの拡大が及ぼす商業活動への影響を懸念する声が上がっている。16日付バンコクポストが伝えた。 ラチャプラソン交差点周辺では15日、タイ政府の非常事態宣言の発令を受けて…

関連国・地域: タイ
関連業種: 小売り・卸売り社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「私のソムタムとどっち…(05/10)

国の成長に貢献、インフラ鍵に MUFGの東南アジア戦略(3)(05/10)

市中感染2086人、累計の死者400人に迫る(9日)(05/10)

3月のメーカー別車輸出、9社中5社が増加(05/10)

タイの仕向け地別の車輸出台数(21年3月)(05/10)

海運協会、輸出成長率予測を7%に上方修正(05/10)

航空旅客便の発着、今年度は32.3万回に(05/10)

PTTEP、2Qの石油・ガス販売増加予測(05/10)

エアアジア、3月は輸送実績が大幅回復(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン