• 印刷する

大和証券グループ、再生プラメーカーに出資

大和証券グループが運用するファンドはこのほど、シンガポールのコマーシャル・プラスティクス・ホールディング(CPC)に出資した。CPCはミャンマーの事業会社を通じて、再生プラスチック製品を製造している。未公開株投資会社のデルタ・キャピタル・ミャンマーが運営するファンドとの共同出資で、出資総額は1,260万米ドル(約13億3,000万円)。

グループの大和PIパートナーズ(東京都千代田区)と大和企業投資(同)が2019年に組成した「大和ミャンマー・グロース・ファンド」が、初のプライベート・エクイティ案件として投資した。ファンドから、取締役の派遣も行う。共同出資による出資比率や、大和のファンド側の出資額は非公開。

CPCのミャンマーの事業会社は、使用済みペットボトルのリサイクル事業を手掛ける。今回の出資を受けて新設備を導入し、使用済みペットボトルから、食品用途で使用可能なボトル原料を製造する。ミャンマーのリサイクル事業者としては初の試みとなる。製造する原料は、国内外のペットボトル製造企業や、飲料メーカーに供給する予定だ。

ミャンマーでは、可処分所得の増加に伴い1人当たりのポリエチレンテレフタレート(PET)消費量が年10~15%のペースで増加していくと見込まれている。また、使用済みペットボトル回収率が64%と近隣諸国より高い。こうしたことから、同国ではペットボトルのリサイクル事業を手掛けやすい環境が整っているという。

大和ミャンマー・グロース・ファンドは、総額3,000万米ドル。運営期間は12年、投資期間は5年で、ミャンマーの未上場企業を主な投資対象とする。


関連国・地域: ミャンマーシンガポール日本
関連業種: 食品・飲料その他製造金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

撤退など事業見直し相次ぐ 外資企業、軍リスク拡大(05/10)

国の成長に貢献、インフラ鍵に MUFGの東南アジア戦略(3)(05/10)

日本10社が国軍関連取引か、弾圧関与懸念(05/10)

加担回避の具体策答えず、「事態注視」(05/10)

中国、警備員殺害でパイプライン攻撃に警戒(05/10)

2月以降で最大の投資認可、中国系の発電か(05/10)

中国がASEAN会議提案、ミャンマーも招く(05/10)

ムセの国境検問所、コロナで閉鎖1カ月超え(05/10)

民主派政府や防衛隊、国軍がテロ団体に指定(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン