車両購入権の割り当て、11~1月は7%増

シンガポールの陸上交通庁(LTA)は13日、11月から来年1月までの車両購入権(COE)割当量を1万9,954台にすると発表した。1カ月平均の割当量を6,649台とし、前期(8~10月)から7%増やす。新型コロナウイルスの影響で、8~10月は前期比29%減となっていた。 1カ月当…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの2…(05/10)

1~3月期は大幅増益 大手3行、貸倒引当金減少(05/10)

就労ビザ保有者の入国を規制、日本も対象(05/10)

外国人労働者の雇用奨励金、建設などで増額(05/10)

ワクチンの重大な副反応95件、保健庁調査(05/10)

医療現場の新技術導入、人材不足など障害に(05/10)

シンガポール取引所、AIなどで監督強化へ(05/10)

全世帯の半数近く、電力小売業者に切り替え(05/10)

接触者追跡アプリでの入場拒否、政府が禁止(05/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン