• 印刷する

建設業界の失業率27.8%、SARS時上回る

建設業界の労働組合、香港建造業総工会(HKCIEGU)は12日、組合員へのアンケートに基づく最新の就業状況調査を発表した。それによると、6~8月時点の組合員の失業率は27.8%と3割近くに上り、就業時間が基準に満たない人の割合を示す就業不足率は33%になった。

13日付信報によると、重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した2003年当時の失業率と就業不足率はそれぞれ22.3%、31.4%で、今回はそれを上回った。

調査は組合員約1万7,500人を対象に実施。建設業者の中でも鉄骨組み立て業者の失業率は31.2%と、地盤工事や補修の業者より深刻だった。セメント、ペンキ、冶金(やきん)などの業者の失業率も30%を超えた。

同会は、インフラ関連の政府予算に対する立法会(議会)での審議が順調に進んでおらず、工事の停滞を招いていることに加え、景気の低迷で民間工事も不足していると指摘。政府に対し業界の追い風となる新たな経済対策を求めた。

同会は建設業界の主要15業種について、11月1日以降の賃金が前年11月の水準と同じ日給1,250~2,600HKドル(約1万7,000~3万5,400円)に据え置かれたと発表した。


関連国・地域: 香港
関連業種: 建設・不動産雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

日系企業の3割強が業績改善 7~9月、コロナ禍でも回復軌道(10/20)

臨時検査終了、政府「今後も実施検討」(10/20)

新たに15人感染、域内例1人=計5256人(10/20)

観光局、日韓とのトラベルバブル合意に期待(10/20)

続伸、本土金融銘柄の好調続く=香港株式(10/20)

ウエストパック銀、中国などアジアから撤退(10/20)

キャセイの9月旅客98.1%減、貨物は4割減(10/20)

キャセイ再編計画、週内に取締役会で決議か(10/20)

政府、企業救済手続きの条例案を議会提出(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン