• 印刷する

コロナワクチン治験、11月に第3相開始

フィリピン政府は10日、新型コロナウイルスのワクチン臨床試験(治験)について、11月から海外製を対象にした最終段階の第3相試験が開始されるとの見通しを示した。マニラタイムズなどが伝えた。

中国のバイオ医薬品企業シノバック・バイオテック(科興控股生物技術)、ロシアの国立ガマレヤ研究所、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)傘下のヤンセンファーマシューティカルのワクチンが対象となる。

第3相試験の開始は、政府の新型コロナ対策本部のうち、科学技術省が率いるワクチン開発に関する小部会に申請される。専門家のパネルと倫理委員会が審査し、食品医薬品局(FDA)が可否を最終判断する。

保健省は、治験に参加する病院の決定や治験の管理などを統括する。治験が完了すれば、FDAが承認権を持つ。承認されたワクチンは国内でも生産する方針で、外務省が貿易産業省、国家開発公社(NDC)と連携して調整を進める。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに3万2744人感染(01/21)

国内企業、資金集め一服 21年は45%減、前年の反動減(01/21)

(表)新型コロナウイルス感染者数(20日)(01/21)

新型コロナ、新たに3万1173人感染(01/21)

地方の複数地域、外出制限を厳格化(01/21)

首都圏の感染者1万人下回る、2週間ぶり(01/21)

未接種者の行動制限条例、首都圏全域で制定(01/21)

公共交通の利用制限、運輸省「通勤は例外」(01/21)

ロブレド氏、公共交通制限より特典を(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン