• 印刷する

国民の半数、外国人に中立的=政府調査

シンガポール政府の一般意見聴取ポータルサイト「リーチ(REACH)」の調査で、シンガポール国民の49%が在留外国人に対して中立的であることが明らかになった。失業者は否定的な割合が高かった。

調査は今年8月に、無作為に選ばれた15歳以上のシンガポール人を対象に実施。2,100人が電話、同1,050人がオンラインでそれぞれ回答した。

「在留外国人の存在をどう感じているか」との質問に対しては、「どちらでもない」が49%で最大。「とても良い」は5%、「良い」は30%で計35%が好意的だった。「悪い」は12%、「とても悪い」は2%と低かった。

回答者を失業者と就業者に分けた場合、失業者の「悪い」が22%、「とても悪い」が4%に対し、就業者は「悪い」が11%、「とても悪い」が3%と低水準。失業者の方が在留外国人に否定的な感情を持っていることも浮き彫りとなった。

「在留外国人の存在に関して最も不満なことは何か」との質問には、「特にない」が47%。「雇用関連」は23%、「生活習慣(大声で話す、不清潔など)」が16%となった。

「シンガポールが外国人に開放的であり続けることは重要か」との質問には、「とても重要」が18%、「重要」が45%に対し、「重要でない」は9%、「全く重要でない」は1%と低く、国民の大半が重要と考えていることも明らかになった。

「雇用創出の観点からシンガポールは東南アジア地域の拠点であるべきか」との質問に対しては、「あるべき」が81%。「あるべきでない」は19%にとどまった。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

10月の製造業生産、一転急落 電子低迷とバイオ医療鈍化で(11/27)

ジョ州国境鉄道の国内工事、五洋建設に発注(11/27)

格安スクート、機内サービスをデジタル化(11/27)

ANA、12月に成田―シンガポール線を増便(11/27)

明治屋、ミレニアウォークに旗艦店オープン(11/27)

金融業界の雇用維持、政府が支援策拡充(11/27)

全世帯の半数近くが電力会社乗り換え=当局(11/27)

低・中間所得層の収入拡大=財務省報告(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン