• 印刷する

19年の運用資産額16%増、株式市場好調で

シンガポールに拠点を置く資産運用会社による運用資産総額は、2019年末時点で3兆9,770億Sドル(約306兆6,390億円)となり、前年から16%増加した。伸び率は18年末時点の5%増を大きく上回った。株式市場や海外からの資金流入が好調だったことが背景にある。

シンガポール金融管理庁(MAS、中央銀行に相当)が9月30日に発表した統計によると、19年末時点の運用資産総額は、株式や債券といった伝統的な資産と、不動産やベンチャーキャピタル(VC)といったオルタナティブ(代替)資産の両方で2桁の伸びを示した。伝統的な資産は25%増、代替資産は12%増だった。

代替資産の内訳をみると、VCの運用資産額は110億Sドルと資産別で最も少なかったものの、増加率は86%増で最大の伸びを示した。運用資産額が最も多かったのはプライベートエクイティ(PE)で14%増の2,430億Sドル。ヘッジファンドは14%増の1,990億Sドル、不動産投資信託(REIT)は19%増の1,260億Sドルだった。

19年の資金流入源は、全体の76%がシンガポール国外だった。アジア太平洋地域からの流入が目立ち、純資産流入額は前年比21%増で18年の1%減から大幅に回復した。

資金の投資先では、アジア太平洋地域(シンガポールを除く)が全体の69%を占めた。シンガポールは15%だった。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

米GSに罰金3千億円、1MDB汚職巡り(10/23)

ドンドンドンキ8号店、30日に南部で開業(10/23)

9月CPI上昇率、6カ月ぶりマイナス脱却(10/23)

西部の都市型農園が開業、年100トン生産(10/23)

新規感染10人、計5万7951人(23日)(10/23)

ネット通販、近隣諸国のサイト利用が急増(10/23)

ドイツとの渡航制限緩和へ、欧州とは初(10/23)

従業員の9割、技能向上の必要性を痛感(10/23)

店舗賃料5%下落、3四半期連続マイナス(10/23)

7~9月工業不動産賃料、コロナで低迷続く(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン