• 印刷する

テイクオフ:家を出た直後、道を歩く…

家を出た直後、道を歩く行商のおじさんにものすごい形相でにらまれた。気のせいか他の人もこちらを見ているように感じる。もしや寝間着のままだったか?それとも臭い?などと焦ったが理由はすぐにわかった。マスクを忘れていた。

インドネシアでは、マスクを巡る状況が一変した。中央統計局によると、市民の92%は着用義務を守っていると回答した。一部地域や商店、通勤電車では、特定のマスクは効果が薄いとして禁止された。新しい国内基準では、布マスクは2層以上とすることが義務付けられた。

朝市ではマスクをしていない人もよく見るが、取り締まりも厳格化されている。しかし、一人で車を運転中に外しただけでも罰金を科されるなど、一律的な処罰に対する不満や批判も増えた。感染防止という当初の目的を離れて、あらぬ方向へ進んでいるような怖さがある。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「男心と秋の空」のよう…(10/20)

東南ア経済でベトナム頭角 今年4位浮上、1人当たり6位に(10/20)

MRT延伸、コロナで遅れ 入札難航、完工1年半ずれ込みか(10/20)

最賃の算出指標、通信料など4品目追加(10/20)

スリ財務相、自動車税免除の提案を却下(10/20)

国営鉱山、硫酸ニッケル製造を計画(10/20)

ウエストパック銀、中国などアジアから撤退(10/20)

中国社、ニッケル・石化に350億ドル投資か(10/20)

パティンバン港の入札事前審査、10社参加か(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン