• 印刷する

アントバンクが正式開業、ネット銀6行目

中国電子商取引(EC)最大手の阿里巴巴集団(アリババグループ)傘下の金融会社、バ蟻科技集団(アントグループ、バ=むしへんに馬)が全額出資で香港に設立したインターネット専業銀行、バ蟻銀行(香港)(アントバンク)が28日、正式に開業した。香港でのネット銀の正式開業は6行目となる。

29日付香港経済日報によると、香港永住者用の香港身分証(IDカード)があれば、口座開設はスマートフォンアプリを使って約3分で完了。預金や振り込みなどの基本的な金融サービスが24時間できるほか、融資や金融商品購入などさまざまな金融取引が可能。普通預金の金利は預入金額2万HKドル(約27万円)までが2.5%、2万~50万HKドルが1.0%と、先に開業したネット銀同様に高めに設定した。

アントが香港で手掛ける電子決済サービス「支付宝(アリペイ)HK」とも連携する。アリペイHKのアプリ内のミニプログラムでも口座を開設できるようにするほか、中小企業向けに特化したサービスの提供も検討している。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

新たなコロナ感染者4人、域内感染は1人(10/23)

新たに5人がコロナ感染、累計は5289人(19:52)

「解雇のドミノ」警戒高まる キャセイの削減計画、衝撃大きく(10/23)

香港航空、全社員の給与引き下げへ(10/23)

新たに11人感染、域内例1人=計5280人(10/23)

9月の総合CPIは2.2%下落、下げ幅拡大(10/23)

デジタル元の越境決済、香港政府も協力検討(10/23)

5日続伸、本土銀行株に買い=香港株式(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン