• 印刷する

クラーク空港の接続道路、工事入札を開始

フィリピンの基地転換開発公社(BCDA)は、パンパンガ州クラーク国際空港からマッカーサー・ハイウエーへの接続道路の工事入札を開始したと明らかにした。28日付ビジネスワールドが伝えた。

21日から入札書類を販売しており、10月28日まで応募を受け付ける。入札の予定価格は約4億8,000万ペソ(約10億4,500万円)とみられている。

応札できるのはフィリピン人のみ。合弁企業などの場合、少なくとも60%の発行済み株式をフィリピン人が所有している必要がある。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:朝は晴れ、昼に大雨、夕…(10/22)

中国人、ビザ悪用で不正入国 入管職員便宜、収賄400億ペソか(10/22)

東南ア6カ国の訪日客、9月も9割超減少(10/22)

コロナ感染新たに1509人、計36万2243人(10/22)

観光省、ホテルの通常営業再開を許可(10/22)

20年GDP6%減に下方修正、財務相(10/22)

貿産省、合板認証制度を再導入(10/22)

公共事業の184件、契約額が予算超過(10/22)

Fジェン、LNG設備契約で入札通知(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン