タイヤ輸入額、4~6月は前年比44%減

インドの自動車タイヤ製造業者協会(ATMA)によると、2020年4~6月期のタイヤ輸入額は、前年同期比44%減の39億5,000万ルピー(約56億5,000万円)だった。ビジネス・ライン(電子版)が28日に伝えた。 同期のタイヤ輸入量全体のうち、乗用車用ラジアルタイヤが58%を占めた…

関連国・地域: 中国タイベトナムインドネシアインド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地ではワン・タイム・…(10/27)

【日本の税務】介護保険について(10/27)

タイヤ輸出拡大に期待 中国への課税で恩恵、日系も増強(10/27)

全日空、11月から羽田―デリーの臨時便(10/27)

国内線の運航便数、冬季は4割減の1.3万便(10/27)

インド初の水上飛行機、31日に運航開始(10/27)

正ワイのインド工場、設備破壊=競合関与か(10/27)

タタの乗用車部門の分離、提携先探しが目的(10/27)

二輪バジャジ、9月の輸出台数は過去最高(10/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン