• 印刷する

企業の7割「コロナ後も在宅勤務定着」

韓国就職情報サイトのジョブコリアが国内企業288社の人事担当者を対象に調査したところ、回答企業の69.4%が「新型コロナウイルス感染症の終息後も在宅勤務が定着する」と考えていることが分かった。

在宅勤務が新しい働き方として定着すると考える企業を規模別にみると、中堅企業(78.5%)と大企業(70.6%)では7割を超えた。中小企業は66.9%、公営企業は60.9%だった。

コロナ後も常時の勤務形態として在宅制度を導入する計画があるかを問う質問では、大企業(41.2%)や中堅企業(35.4%)を中心に29.5%が「ある」と回答。「ない」は24.3%、「未定」は46.2%だった。

新型コロナが再流行した場合に在宅勤務を導入すると答えた企業は54.2%と5割を超えた。

新型コロナの感染拡大を機に各社が導入した在宅勤務は、新たな働き方として定着しつつあるようだ。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ソクラテス兄さん、教…(10/21)

中国に続け、武蔵塗料の戦略 工業製品多彩に、韓国系を開拓(10/21)

SKがインテルNAND買収 世界2位浮上、SSD事業を強化(10/21)

新型コロナ感染者数、58人増加(10/21)

医薬部外品マスクの輸出制限、23日に解除へ(10/21)

9月の輸出7.6%増、7カ月ぶりプラス(10/21)

サムスンが初の5位、世界ブランド価値ランク(10/21)

9月のICT輸出12%増、4カ月連続プラス(10/21)

韓国の5G通信速度、半年で大幅に向上(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン