• 印刷する

ゴジェックの人気上昇、満足度ではグラブ

インドネシアで先ごろ実施された、オンラインアプリなどのデジタル・プラットフォーム・サービスに関する調査で、配車サービス部門では、地場大手ゴジェックが最も人気が高かった一方で、顧客満足度ではシンガポールの大手グラブが勝っていることが明らかになった。ジャカルタ・グローブ(電子版)などが伝えた。

シンガポールの調査会社ブラックボックス・リサーチと米同業トルーナ(toluna)が、新型コロナウイルス感染症が流行中の東南アジア6カ国での消費動向について調査した。

ゴジェックは「コロナ禍で最も印象的なブランド」で2位になった。調査報告書は「コロナの流行で、地場企業を応援したいという消費者が増えた」と考察。インドネシアの消費者のうち91%が「国の経済を強化するため」として、地場ブランドを支援していくと回答した。

一方グラブは「最も利用しているブランド」で、シンガポール系電子商取引(EC)サイト大手ショッピー、地場大手ECサイトのトコペディアに続く3位だったが、満足度では1位に輝いた。

同調査では、コロナ禍で外出規制が続く中、インドネシア人の間でオンラインを利用した消費活動が活発化したことも明らかになった。「オンラインでの消費額が増加した」と回答したインドネシア人は57%で、増加率は平均で28%だった。

デジタル・プラットフォーム・サービスに関する調査で、配車サービス部門で地場大手ゴジェックの人気が最高だった(アンタラ通信)

デジタル・プラットフォーム・サービスに関する調査で、配車サービス部門で地場大手ゴジェックの人気が最高だった(アンタラ通信)


関連国・地域: シンガポールインドネシア
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

2020年はホンダブリオが首位 モデル別販売、キャリイも上昇(01/22)

<資料>20年の日系モデル別自動車生産台数(01/22)

8日まで外国人入国規制、行動規制の延長で(01/22)

政策金利据え置き、今年最初の月例会合で(01/22)

政府投資会社の人事始動、閣僚親族の名も(01/22)

テルコム投資会社、2年でユニコーン輩出へ(01/22)

20年の石炭輸入量が過去最多、豪産けん引(01/22)

EVなどの充電設備、30年までの行程表策定(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン