長城汽車、21年にFCVモデル量産へ

香港・上海上場の自動車メーカー、長城汽車(河北省保定市)は23日、燃料電池車(FCV)仕様のスポーツタイプ多目的車(SUV)を2021年から量産する予定であることを明らかにした。ニュースサイトの財経網が伝えた。 連続走行距離は900キロメートル以上で、時速100キロメート…

関連国・地域: 中国-河北
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

バンビエンのSEZ、事業化調査完了(10/21)

中国に続け、武蔵塗料の戦略 工業製品多彩に、韓国系を開拓(10/21)

テイクオフ:「本物だと思ったものが…(10/21)

9月の輸出受注が過去最高 500億米ドル突破、電子好調(10/21)

環状4号線、中国系が事業化調査を完了か(10/21)

深センで権限委譲を推進 金融など改革試行、発展加速促す(10/21)

ガソリン車の満足度低下 迫るNEV、1ポイント差に(10/21)

鴻海、ブラジルとインドで新iPhone生産か(10/21)

日中ビジネス往来再開へ、近く合意(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン